増槽

先日から僕のG-Motionには予備燃料用ボトルが積まれている。
「それはなんですか?」と聞かれたら、「リザーブタンクです」と答えるのだが、そこでポンと手を打って、「ああ! 増槽ね!」と合点する人がいる。
いや、ゼロ戦じゃないんですから(^^;)
 
自動的に給油されないとか、空になったからといって切り離さないとか、いろいろ増槽とは異なるところはあるのだが、「航続距離を伸ばすための予備燃料庫」という意味ではまさに増槽そのものでもある。
 
で、現在積んでいる増槽……いや、リザーブタンクは、登山用ホワイトガソリンストーブの燃料ボトルをそのまま使ったもの。もともとがガソリン用だけに、気密性や燃料缶としての強度は申し分ない。
G-Motionのノーマルの燃料タンクは約900ml積めるようになっている。
マニュアルを見ると、「リッター当たり30kmくらいはイケるよ(英文)」と書いてあるのだが、以前、マフラー(チャンバー)を交換してから、そんなに走れなくなっている気がする。だいたい、900mlフルで消費して、12〜14kmくらい、マニュアル値の半分くらいしか走ってないんじゃないかという気が……。実測値ではないので、実際にはもう少し走ってるかもしれないし、思っているよりずっと走ってないかもしれないが、そのへんはよくわからない。だから、「だいたい12kmくらい」ということにしておく。
 
G-Motionは、燃料が切れてしまうと移動が非常にしんどくなる。
バイクのように「押す」ということができない。
オリグメントバーを握ってぶら下げて歩くか、かつぐしかない。
燃料などを置いたベースから数km以上離れたところでガス欠になったら……それはもう目も当てられない。
以前、調子に乗って走っていたら、すすすす、す、とガス欠になってしまい、一緒に走っていた仲間にその場で燃料を分けて貰ったことがある。もう一台のG-Motionを逆さまにして燃料を直に補給という乱暴さであったが、あれがなかったら多分戻ってこられなかったと思う。
それ以来、「予備燃料」をどうにかしよう、というのが常に課題になっていて、先日のリザーブタンク携行に至った。
 
現在のリザーブタンクは325ml(実際には350mlくらいは入ってるかも)しか入らない。
しか、と言っても、900mlで12km走るとしたら、325mlあれば余裕で4kmは走るわけで、よほど遠出をしていない限り問題ない量だ。
 
が、本日、975mlサイズの燃料ボトルを買ってきた。
これを追加すると、900ml(本体)+325ml(増槽1)+975ml(増槽2)で、2200mlもの燃料を携行することができるようになる。これで、航続距離は約30kmまで伸びる。
 
通常、笹目橋周辺で走るとすると、笹目橋←→外環道まで往復してもせいぜい4km。
航続距離30kmはちょっとオーバースペック気味。
そんなに足を伸ばしてどうするのかというと、実は……彩湖を一周してみたいのである。
 
彩湖は、一周7kmくらいらしい。(インラインスケーターの方のサイトによる)
そのまま走るだけなら増槽がなくても一周行けるだろうと思う。
が、笹目橋を起点にしていくと、まず荒川沿いに北上して秋ヶ瀬橋まで約5〜6km。彩湖が1周7kmとして、帰りがこれまた5〜6km。最短で17km、うろちょろしたり、誤差を考えたりすると、約20〜24kmは航続距離が欲しい。
普段、足を付かずに2km連続で乗ると、もうそれだけでヘトヘトなのだが、それを10倍する距離を走ろう、というわけである。
 
実現できるのがいつになるかは不明なのだが、これは男のロマンなのである。
そしていずれは林道なんかを走ってみたいのである(笑)