来客

この日、紐井屋の紐井先生が「池袋に行くついでがあるので」ということで急遽遊びに見える。紐井先生というと「超」怖い話読者には「いろいろな意味で怖い話」など、「やたら運が悪い男」として知られた人。
そのままライブ(飲み放題)に誘ってしまい、その足で家に連れ帰ってしまい、鮭アラと白菜の簡単なツマミで、少し込み入った話と仕事の話などをする。
フリーで食っていくなら企画書を山ほど書かないとねえ、人を使うことを覚えるとかねえ、指示や連絡は人に頼んじゃだめだよねえ、長く続けるのは大変だよねえ、などなど割と止めどない。
思えば紐井先生とももう10年じゃ効かないくらいの付き合いになる(KMO大変事件の折)。
見下ろすと、この10年間で目を背けたくなるほど出てしまった自分の腹が視界に入り腹立たしくなる。